2008年03月15日

歯科治療における自費と保険の違い(その2)

例えば臼歯部の虫歯の治療で保険で銀歯にするのと金歯にするとではどう変わるのか?

保険診療では0,1ミリ単位の誤差が出る可能性がある。
自費診療だと0,01ミリ単位の誤差の範囲になるといったイメージで思ってもらえると分かりやすいかなぁ、、と思ったりします。
まぁ、一見みた感じでは殆どわからないレベルですが、、。

非常に小さな世界ですが、この差が結構重要。
マイクロスコープを使うようになってから、この差の違いがその後の予後に大きく影響すると実感しています。
僕の場合、インレー一個作るだけでもそれにかけるコストと時間が保険診療の数倍違います。やるなら出来るだけ完璧にと思ってますから(^^;)

とはいっても保険診療で手を抜いている訳ではありません。

時間、コストの厳しい制約の中で最大限の努力はしているつもりです。
保険診療でマイクロスコープを使う事も実はかなり大変な事なのですが、、保険、自費の区別は無くフル回転で使用してます。
おかげで顕微鏡なしで診療できない体になってしまいましたが、、。

よく「保険だと2、3年でまた駄目になりますよ」と他のDrに言われましたと患者さんから話を聞きます。
僕はそんな事は無いと思うんですけどねぇ、、、それなりにちゃんとやれば2、3年で駄目になる事はそうないかと、、。ただし、患者さんがきちんと歯を磨いてもらう事が前提になりますが。
虫歯になるという事は元々汚れがつきやすいという事なので、虫歯を治しても歯が磨けてないとまたその場所に汚れがたまりますから、また虫歯になります。自費でやったとしてもこれは同じです。


posted by miro at 20:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記