2008年03月31日

基本が大事

マイクロスコープで日々治療していると歯科医師としての基本のスキルがいかに大切なのかという事が分かる。
いかに完璧に虫歯の治療をし、根管治療をし、歯周病を治し、そして毎日しっかりと歯を磨いてもらうように指導すること。ただそれだけの事がいかに難しいのか。
肉眼でちゃんと虫歯が取れていると思っていても、マイクロスコープで見るといかに取り残しが多いと言う事が分かる。
少しでも上手く治療が出来るように、、虫歯がちゃんと取れてるか、歯石がちゃんと除去できてるか、補綴物のマージンがぴったりとあっているか、マイクロスコープで一々しつこいくらい確認しながら治療。。。

今思えば、、知らなかった方が良かったと思う世界、、。

0,1ミリ程のエラーもはっきりと見えてしまうのだから修正するしかない。。
手間も時間もマイクロスコープを使う以前とは比べ物にならない。。

ちなみにうちの医院は現在はインプラントも矯正もやってはいません。
今の私にはまだそれだけをこなせる技量も時間もありませんので、、。
とはいっても勉強はしています。いずれやる事にはなると思いますが、、それよりも今は完璧に虫歯の治療を根管治療を歯周病を治す事に全力を尽くしてます。
マイクロスコープを使う事で情報量が莫大に増えますから、たった一本の虫歯を治すだけでも大変なんです(苦笑)


まぁ、こんな感じですので他の診療所より一回の治療時間は長いと思いますが、、、許してください(^^;)

posted by miro at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記