2008年04月14日

根管治療てのは、、

保険診療では根管治療てのが不採算部門の一つでして真面目にやればやるほど赤字に、、。
直径1ミリにも満たない歯の神経のある部分を対象とするこの「根管治療」てのはある意味歯科医師としての適性が求められる分野なのかなぁ、、、と感じてます。

かなりストイックというか自虐的というか「オタク」というか「どM」(笑)というか、、、。
しっかりと治療する為には器具から伝わる指先に0.数ミリの感覚を感じながらじっくり丁寧にやっていかなきゃいけない。ちゃんとやれば1本の歯にトータルで数時間かかる事も、。もちろんラバーダムも。
こんなこと保険診療でやっててはとてもじゃないけど採算はとれません。
ネットで調べてみてもインプラントをやっている歯科医院は多いですがラバーダムを使ってるところは殆どありません。ましてやマイクロスコープを使いラバーダムをし、更に保険診療でやってるところなんて全国的にも殆どないと、。マスコミの影響で3Mixというものが話題になっているので採用しているところが多いですが、何故かラバーダムをしているところは殆どありません。。う〜ん不思議だぁ、、(謎笑)
そんな視点で色々な歯科医院のHPを見てみるとこの業界のいろんな事が見えてくるかも??
posted by miro at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記