2008年04月11日

保険はルール

「保険はルールです。」
このことを大学を卒業し、国家試験に合格して更に保険医というものに登録をして最初に教わった事です。
当初保険診療なんて意味がよく分かりませんでした。
というのも学生時代は保険医療と言う事について学ぶ事は全くないですからねぇ、、。
国家試験に合格し、保険医と言うものに登録をした時から保険医療制度という国が決めたルールによって医療行為は縛られます。
ルールに従って医療行為をしなければなりません。

歯科に関して言えば、、、保険診療と学生時代に習った理想の診療とではかなりかけ離れたところにあります。。
現状は15〜30分で一人の患者さんを診ていかなければ普通の生活がしていけないようなルールです。
欧米では一日に10人も患者さんを診たりしないそうです。

歯科治療とは、とても時間のかかるものです。
一本の虫歯をちゃんと治そうと思ったら1時間はかかってもおかしくありません。
日々、マイクロスコープを使って診療をするとその事が実感できます。

卒業して今まで色々な歯科医院に勤務してきました。
そこではいかに早く処置を終わらせる事を求められます。
いかに早く治療をこなす事が一人前のDrであると思いました。
一般的に患者側の評価も痛くなく早く終わるDrの方が良いかと思います。

数台のユニットに患者さんを並べて、痛くなく、早く終わらせて、患者さんを回転させて、、。月のレセプトの枚数が数百枚!!インプラントもバンバン打つぜ〜!!
そんな開業のイメージがいつの間にか自分の中でできあがってました。


「マイクロスコープ」というものに出会いました。
これによって私は今まで考えていた事が全て変わりました。
たった一本の歯を治す事の難しさを、、。

「保険はルールです。」
このルールではマイクロスコープを使っても使わなくても診療報酬は変わりません。
ラバーダムも使っても使わなくても変わりません。
保険医である以上わたしはこのルールに従わねばなりません。。。







posted by miro at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13857325
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック