2016年12月14日

虫歯でもないのに神経が死んでしまう。

CI1のコピー.jpg

右下の犬歯の神経が死んでしまい、レントゲンで見ると歯の根の先が黒くなっています。
ところが虫歯でもありませんし、歯が割れてる所見もありませんでした。
他の歯をよく見て見ると根の先端が通常より短くて丸くなっています。
矯正治療をした歯はこのような所見が多く見られます。私自身の歯も昔、矯正したのでこのような根の形になっています。
だからと言って問題になることはあまりありません。
ただ、ごく稀に神経が死んでしまうことがあります。このケースでは自覚症状はなかったのですが、レントゲンを撮ったら神経が死んでいるのが見つかったケースです。

CI4のコピー.jpg

根管充填一ヶ月後のレントゲンです。

名称未設定 1.jpg

わかりにくいのですが、よく見ると術前と比較して黒くなっていたところが白っぽくなってきてるのがわかるかと思います。骨が再生してきている途中ですね。おそらく半年もすれば骨も回復すると思います。
posted by miro at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の根管治療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178039404
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック