2013年11月18日

歯根破折

IMG_2013_07_29_1993.jpg

抜歯の原因の一つに歯根破折というのがあります。
過去に根管治療をした歯、つまり神経の無い歯によくおこります。

これの診断は中々難しく、あきらかにパックリとわれている場合は難しくありませんが、ヘアラインクラックといって髪の毛のように細い亀裂が入っている状態だと見分けるのが非常に難しいです。
写真の症例は歯茎を切開して破折していたのを確認した症例です。
歯根の破折はこの症例のように中から破折してくることがあるので実際に歯茎を開けてみてみないと分からない事があります。

ちなみにこの症例は一度歯を抜いて破折している部分を接着し、再び抜歯窩に戻すという口腔外接着再植法という方法で抜かないで残しています。現在経過観察中です。

歯根破折が原因で抜歯となるケースは非常に多いので接着して残す事が出来ると良いのですが、これが中々難しく…。100%うまく行くという訳ではありません、、、ふらふら
posted by miro at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80869933
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック