2013年11月19日

歯根破折、、これが中々難しい…。

歯根破折の治療、これが中々難しい…。

難治性の根尖性歯周炎の原因は破折が関係してる事もあります。
幾ら根管治療しても治らないなから外科的にアプローチしてみたら破折していたなんて事はよくある事です。
なのでいつも根管治療をする際には破折の可能性を考えながらマイクロスコープでよく歯を観察して治療をしていますが判断が難しい…。

根管治療をして根尖病変がうまく治ったとしても後日破折してくるケースもよくある事で…。

そもそも歯根の破折は抜歯というのが常識ですからね。
それを残すってのは抜くのが当たり前というのを残そうというのですから難しいんです。


それでもなんとか残せないかと頑張ってます(^^;
posted by miro at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80960929
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック