2017年04月11日

ダイエット開始から2週間

ダイエットを始めて2週間たちましたが、現在のところ2.4kg落ちております。
週1kgが目標なので順調なペースではありますが、正直楽では無いですふらふら
IMG_2375.PNG
posted by miro at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月01日

ダイエット5日目

ダイエット5日目で0.9kg落ちました。

IMG_2325.PNG
IMG_2326.PNG

1週間で1kg落とすことが目標なので、順当な感じではないでしょうか。

ツイストステッパーなるものを購入。
IMG_2324.JPG
昼休みや仕事の合間にやろうと思います。ダイエットの味方になるか︎⁈
posted by miro at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月29日

ダイエット始めました。

6月のセントレアのironmanに向けてダイエットをボチボチ始めました。
現状はこんな感じですが、、、ただのデブですグッド(上向き矢印)
IMG_2320.PNG

目標は80kg切るくらいまでいきたいですがどうなるでしょう???
正直、痩せなきゃ死ぬしがく〜(落胆した顔)

効果あるかわかりませんがマンナンヒカリを買いました(笑)
IMG_2319.JPG
posted by miro at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月28日

青ヶ島に行く

先日、青ヶ島というところに行ってきました。
青ヶ島、とは伊豆諸島のひとつで東京から約360km。羽田から八丈島まで飛行機で55分、八丈島からヘリコプターに乗り換えて20分で到着します。とはいうものの、ヘリコプターが1日1便で定員が9名なのでこのチケットを取るのがまず大変(^_^;)一ヶ月前に発売されるので一ヶ月前の発売日に電話でチケットを予約しました。

それに天候が悪いと欠航することがよくあるので時間に余裕を持って旅行を企画しないと青ヶ島に行けたはいいがしばらく帰ってこれないこともあるそう、、。ちなみに船でも行けますが、就航率が50%ほどだそうです、、、。

508A5524.JPG
八丈島空港からヘリコプターに乗り換えます。
人生初のヘリコプターめちゃめちゃ緊張しましたふらふら

508A5528.JPG
無事に青ヶ島に到着。

508A5534.jpg
ヘリポート前の風景。

508A5635.jpg
こんかいはレンタカーを利用しました品川ナンバーなんですよね。

508A5615.jpg
青ヶ島といえばこの世界的にも珍しい2重カルデラ。

508A5632.JPG
508A5630.jpg
火山なので、地面から蒸気が湧き上がってきてます。地熱を利用したサウナもありました。

508A5636.JPG
508A5638.jpg
地熱釜があり、この中に民宿の方が持たせてくれた食材を入れて調理します。調理といっても釜に入れるだけですが、、、(^_^;) 20分ほどで蒸しあがり、この地熱を利用して作られた「ひんぎゃの塩」をかけて食します。この時は魚はトビウオでしたが、ふっくらしていて美味しかったですよわーい(嬉しい顔)

508A5634.JPG
508A5644.JPG

508A5723.jpg508A5750.jpg508A5766.jpg508A5770.jpg508A5783.jpg
港に移動したら運良く漁船がクレーンで吊るされて陸に運ばれてるのを見ることができました。

508A5797.jpg
尾山展望公園からの眺め。夜になると都会じゃ絶対に見れない満点の星空が見れるそうなのですが、残念ながら天候が悪く星空を見ることは叶いませんでした、、、。

行きたくてもなかなか行けない青ヶ島。もう人生で行くことは無いんだろうなぁ、、。
posted by miro at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月29日

今日の根管治療「歯根破折?」

右下6の根管治療です。
他院で抜歯と言われ、当院に来院されました。

スクリーンショット 2016-03-18 23.45.29のコピー.jpg

遠心根に大きな透過像があります。
正直、このレントゲンを見たら残すのは難しいと思ってもおかしくはないです。歯根破折によく見られるレントゲン像です。
僕も、これを見たときは遠心根は歯根が破折してるかなぁ、、、。これ抜歯だよね。と思いました。
ただ、実際に見たところ歯根破折に見られる限局的な歯周ポケットが見られなかったので一度開けて中をみてから残せるかどうか判断しようかと思いました。

スクリーンショット 2016-03-18 23.45.34のコピー.jpg

スクリーンショット 2016-03-18 23.45.39のコピー.jpg

遠心根菅を見ると破折線を確認できなかったので根管治療を開始しました。
遠心根菅の根尖には2つの根管口があるのが確認できました。

スクリーンショット 2016-03-18 23.45.41のコピー.jpg

根管充填前です。白いのは根管貼薬に使用している水酸化カルシウムです。

スクリーンショット 2016-03-18 23.45.43のコピー.jpg

治療開始から2ヶ月後のレントゲンです。

スクリーンショット 2016-03-18 23.45.44のコピー.jpg

術前との比較。まだ完全に病変は治癒してませんが、かなりの改善がみられます。
ただ、このようなケースの場合、一見治ったように見えても破折してくることがあるので長期的な経過観察が必要です。
posted by miro at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月04日

現在の予約状況

12月までは忙しかったのですが、現在は土曜日でも予約できる状況です。
ネットからの24時間予約もやっております。

パソコンから予約→https://plus.dentamap.jp/netuser/?id=923
スマートフォンからの予約→https://plus.dentamap.jp/mobile/?id=923

ミロデンタルクリニック
posted by miro at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月02日

今日の根管治療「樋状根」

他院で右下顎7抜髄後、痛みが続くということで来院されました。

術前のレントゲン
スクリーンショット 2016-03-02 17.39.19.jpg

レントゲンを見たときにこれは樋状根だね。と思いました。

スクリーンショット 2016-03-02 17.39.21.jpg

根管を見てみるとこんな感じになってまして、かなり汚れた状態になってます。
まずはこの汚れを取っていきます。

スクリーンショット 2016-03-02 17.39.22.jpg
スクリーンショット 2016-03-02 17.39.24.jpg

中から壊死した歯の神経組織が出てきました。

根管を拡大形成していきます。
スクリーンショット 2016-03-02 17.39.25.jpg

術前の予想通り、樋状根の根管形態が見えてきました。

スクリーンショット 2016-03-02 17.39.27.jpg

根管が「樋」の様な形状をしているので樋状根と言われてます。海外では「C」の形をしているのでCシェイプと言われてます。

この後、さらに根管を形成していきます。
スクリーンショット 2016-03-02 17.39.29.jpg

術前との比較です。
スクリーンショット 2016-03-02 17.39.30.jpg

解剖学的な知識、レントゲンの読影そしてマイクロスコープを使うことで樋状根の様な複雑な根管に対しても的確に治療することができます。

スクリーンショット 2016-03-02 19.01.19.jpg
posted by miro at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月01日

今日の根管治療「下顎7の難症例」

右下7の抜髄ケースです。

術前
C4のコピー.jpg

レントゲンが今のシステムと違うので画質がかなり悪いですが(^^;

下顎の7のケースではレントゲンで根が一つに見えるケースは要注意です。いわゆるC−shapeと言われる樋状根など複雑な根管形態になっていることが多いですね。

このケースではかなり根尖部付近で湾曲をしていたので根管形成が大変でした。こういうケースでは急がないで湾曲している部位を意識しながら丁寧に形成することが重要です。

術後
C2のコピー.jpg

術後6年経過後のレントゲン写真
CI7のコピー.jpg

問題なく経過してます。
難しいケースでしたが、こういう症例は歯科医師としてやりがいを感じます。
posted by miro at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月02日

今日の根管治療「破折ファイル除去」

右下の6の破折ファイル除去です。
他院で根管治療をしていたそうですが、数ヶ月根管治療をしても良くならないので抜歯した方がいいと言われたそうで当院に来院されました。

スクリーンショット 2016-02-02 21.44.29のコピー.jpg

レントゲン写真を見ると近心根管に破折ファイルがあるのがわかります。


スクリーンショット 2016-02-02 21.44.32.jpg
スクリーンショット 2016-02-02 21.44.36.jpg
スクリーンショット 2016-02-02 21.44.39.jpg
スクリーンショット 2016-02-02 21.44.45.jpg
スクリーンショット 2016-02-02 21.44.49.jpg
スクリーンショット 2016-02-02 21.44.51.jpg
スクリーンショット 2016-02-02 21.44.55.jpg

根管治療を開始し、開けてみると近心頬側根菅に破折ファイルがあるのがわかりました。
超音波ファイルを用いて破折ファイルを除去。3mm程のファイルが破折してました。

スクリーンショット 2016-02-02 21.44.53.jpg

根管充填後のレントゲンです。

週一回の来院で1ヶ月で根管充填まで行いました。術後も良好で抜歯を回避することができました。
posted by miro at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月26日

最小限のアクセス

中々、教科書通りの根管形成て臨床では滅多にないのですが、たまたま他院から歯周病のオペをするからということで便宜抜髄の依頼があり、抜髄することになりました。

左上6番の抜髄をすることになりました。
スクリーンショット 2016-01-26 16.44.53.jpg


ちゃんと解剖学的な根管の形態がわかっていてマイクロスコープで抜髄すると以下のように小さなアクセスだけでできます。
スクリーンショット 2016-01-26 16.44.55.jpg
スクリーンショット 2016-01-26 16.44.58.jpg

次にファイル試適のレントゲンです。
スクリーンショット 2016-01-26 16.45.00.jpg

このようにこれだけ少ない歯の切削量でも充分に根管にアクセスすることができます。


スクリーンショット 2016-01-26 16.45.01.jpg
スクリーンショット 2016-01-26 16.45.05.jpg

大事なのは近心根管の湾曲に注意してこの湾曲をなくすように形成することが大事です。
湾曲を取ることでファイルの破折のリスクも少なくなりますし、根管洗浄も充分に行うことができます。

根管充填後のレントゲンです。
スクリーンショット 2016-01-26 16.45.08.jpg
posted by miro at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月22日

今日の根管治療

ちょっと珍しいケースです。

スクリーンショット 2016-01-20 14.01.55.jpg

右上6の歯髄炎です。銀歯の下が虫歯になってました。


スクリーンショット 2016-01-20 14.07.20.jpg

この部分が虫歯になります。神経のあるところとにまで虫歯は達しています。


スクリーンショット 2016-01-20 14.07.44.jpg
スクリーンショット 2016-01-20 14.07.48.jpg
スクリーンショット 2016-01-20 14.07.52.jpg
スクリーンショット 2016-01-20 14.08.12.jpg
スクリーンショット 2016-01-20 14.08.21.jpg

銀歯を除去し、虫歯を取り除いていくと神経のある根管まで到達しました。


スクリーンショット 2016-01-20 14.18.10.jpg

このケースでも、MB根の入り口のところで象牙質が大きく張り出していたので超音波チップを用いて除去していきます。


スクリーンショット 2016-01-20 14.18.46.jpg

除去をしてMB根管を形成していくと根尖のところで3つに分かれていました。


スクリーンショット 2016-01-20 14.19.02.jpg


スクリーンショット 2016-01-20 14.19.10.jpg

根管充填後のレントゲンです。3つに分かれているのがわかります。
posted by miro at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月21日

上顎6のMB2の形成その2

先日の続き。
これもよくあるケースですね。
スクリーンショット 2016-01-19 17.18.36.jpg

象牙質が大きく張り出してるケースです。この場合はこの象牙質を削除するとMB2が隠れていることが多いです。

スクリーンショット 2016-01-19 17.18.39.jpg

点線の部分で超音波チップを使って象牙質を除去していきます。

スクリーンショット 2016-01-19 17.18.41.jpg
スクリーンショット 2016-01-19 17.18.43.jpg

除去し、ファイルを挿入するとMB2を見つけることができました。
前回のケースと同じように形成していきます。

スクリーンショット 2016-01-19 17.18.47.jpg
スクリーンショット 2016-01-19 17.18.50.jpg

形成していくとMBと繋がっていました。このようなことも多いです。

スクリーンショット 2016-01-19 17.18.57.jpg

比較写真です。
ここでも大事なのは極力、分岐部側の歯質を削除しないようにすることです。
そのためには顕微鏡下で超音波チップを使って選択的に歯質を削除していくことが重要です。
こんなことは肉眼の治療ではまず無理です(^^;

posted by miro at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月20日

上顎6のMB2の形成その1

上顎第一大臼歯のMB2(第4根管)の出現率はだいたい6割くらいです。第2大臼歯になるとざっくり言うと半分くらいの割合ですが、根管形態に色々とバリエーションがあるので7の方がMB2の出現率が少ないから簡単だとは言えません。むしろ上顎7の方がはるかに難しい、、、。
スクリーンショット 2016-01-19 15.01.02.jpg

いわゆるMB2というのはこの表のType2,Type3になります。

スクリーンショット 2016-01-19 15.01.23.jpg

「症例」
開けて見るとこのように根管が見えてきました。まぁ、マイクロスコープで見るとこのように見えます。この画像を見たらすぐにMB2が見つかると思います。肉眼ではここまでは絶対に見えませんのでMB2がどこにあるかなんて見つけることは不可能に近いです。

スクリーンショット 2016-01-19 15.01.23のコピー.jpg

MB2はココですね。

スクリーンショット 2016-01-19 15.01.27.jpg

根管形成していきますとこのようになります。

スクリーンショット 2016-01-19 15.01.35.jpg

形成前と後の比較です。MB2から排膿してきてます。MB根を形成するときに注意してもらいたのですが、MB根の2根管は根分岐部側を極力削らないで近心側に歯質を落とすことが大事です。分岐部側の歯質はすごく薄いので安易に形成してしまうとあっという間にストリップパーフォレーションをしてしまいます。



posted by miro at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月19日

セミナーの講師

先日、「マイクロスコープ導入セミナー」で根管治療について講義と実習を担当させていただきました。

スクリーンショット 2016-01-18 17.54.52.png

10157326_964362726982365_7376285151817783505_n.jpg

12552700_964362753649029_4891805802385511702_n.jpg

10年のマイクロスコープの経験から、明日から導入してもすぐに治療に活かせるような内容を考えました。
参加者の先生方には好評だったようでホッとしております。
10年間の症例を振り返るいい機会になりました。人に教えるというのはいい勉強になりますね。
posted by miro at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月18日

今日の根管治療

大変遅くなりましたが。あけましておめでとうございますわーい(嬉しい顔)
本年もよろしくお願い致します。

今年最初のブログは根管治療から。

一年間、右下の奥歯の根管治療をしてて治らないとのことで来院されました。
スクリーンショット 2016-01-17 21.11.51.jpg

まず、レントゲンを見て思ったのが、根の形状が普通と違うよなぁ、、て。
近心にも問題がありますが、まぁ、ここはちゃんと普通に根管治療すれば治るかと思いました。

スクリーンショット 2016-01-17 21.11.56.jpg

おそらく主な原因はここの根にあるのではないかと。
で、これが何かというと、。

スクリーンショット 2016-01-17 21.12.21.jpg

同じ様な歯の模型がたまたま手元にあったので撮ってみました。これは遠心方向から見た模型です。
左側の根が少し外に飛び出して湾曲してるのがわかるかと思います。
こういった遠心舌側根はモンゴロイドに多いと言われてます。
最初のレントゲンを見たときにこの模型のような根管があるとわかったので、おそらくこの曲った根管にパーフォレーションがあるのではないかと思い、根管治療を開始しました。

スクリーンショット 2016-01-17 21.12.27.jpg

レントゲンと同じ方向から見るとこうなります。

スクリーンショット 2016-01-17 21.12.30.jpg

後ろに隠れているのが遠心舌側根です。

スクリーンショット 2016-01-17 21.13.13.jpg

問題の根管を開けてみると、何やら金属片らしきものが2つ確認できました。
破折ファイルが何と2本もあったのです。

スクリーンショット 2016-01-17 21.13.16.jpg
スクリーンショット 2016-01-17 21.13.17.jpg

二本とも除去。
除去後に根管を見てみると、。

スクリーンショット 2016-01-17 21.13.23.jpg

パーフォレーションしている部分と本来の根管が見えてきました。
ここまで出来れば後はパーフォレーションの部分はMTAでリペアし、本来の根管は通常通りの治療をちゃんとやれば治ります。

スクリーンショット 2016-01-17 21.13.26.jpg

根管充填後

スクリーンショット 2016-01-17 21.13.28.jpg

術前、術後の比較写真。
治っているのがわかるかと思います。
一年間治療していたのが2ヶ月ほどで治りました。

今回のケースのような遠心舌側根はかなり湾曲しているので解剖学的な知識を知らないとパーフォレーションをしてしまったり、ファイルを破折させてしまったりします。CTを撮らなくてもこのことを知っていたらレントゲンだけで判断できますし、一年間も治療することはなかったかもしれません。

posted by miro at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月06日

九十九里トライアスロン、ホリエモンに負ける

9月26日に開催された「九十九里トライアスロン2015」に出場しておりまして、ランで撃沈でしたが、結果は無事に完走。

リザルトはこちらに載ってます。

僕の順位は1367人中743位。詳細を見るとスイムが0:35:18で708位、バイク1:22:19で182位、バイク終了時点では1:57:37で319位、ランが1:06:05で1232位、トータル3:03:42で743位でありました。バイクが異常に速く、ランが異常に遅いのが一目瞭然であります(笑)横浜トライアスロンの時よりランは10分以上も遅い…。バイク終了してから足が痛いわけではないのに全く足が動かず、、体調も崩れてこんなタイムに…。
今後はランが課題ですなぁ…。

それにしても後から気がついたのですが、
ホリエモン(堀江貴文氏)が同じウェーブで出場していたということ。
彼は540位でなんとバイクが55位という速さ!負けました〜(^_^;)

これで今年はトライアスロンは終わり。12月の湘南国際マラソンに向けてランを頑張ります!

1901142_919102731498587_8390035743968015118_n.jpg
posted by miro at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月30日

初めてのピストバイク

縁あってなんと「LOOK AC 364」というピストのフレームを入手することができました。
で、遠いのですがいつもお世話になっている横須賀にある「トリップサイクル」にフレームを持ち込んで組み立ててもらいました。非常に丁寧な仕事をしていただいております。組み立ての過程はトリップサイクルさんのブログ記事に載ってます。

12015087_913814135360780_7970496019722500398_o.jpg

初めてのピストバイク。ロードの練習用に以前から欲しいと思っていたんですよね。
ピストと言ってもちゃんとブレーキもついてるし、固定ギアとフリーギアがついているので普段乗るときはフリーギアにして乗っているので普通の自転車と全く同じ感覚で乗れます。
まぁ、高級なママチャリと言った感じでしょうかねぇ。。。
固定ギアについてはいくらブレーキがついてるとはいえ危なすぎて自分は公道では乗らないです…(^_^;)

ちなみにギア比はフロントが48T、リアが固定が14T、フリーが16Tとなっております。
街乗りに使うにはちょっと高めのギア設定。でもこれで10%くらいの坂も登っちゃいますパンチ

posted by miro at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月09日

痛みの少ない治療

歯科といえば「痛い」というイメージが一番に思い浮かぶかもしれません。
治療中の痛みを抑えるために麻酔を使うのですが、麻酔をすること自体が痛かったりもします。
麻酔をする際の痛みの原因はなんなのでしょう?
針が刺さるのが痛いと思うかもしれませんが、昔と違って今ではかなり細い針がありますので針の刺入自体での痛みはそれほどではありません。むしろ針を入れてから麻酔液を注入する時の痛みが問題になります。圧力をかけて一気に麻酔液を組織の中に入れてしまうと痛みを誘発してしまうのでゆっくり麻酔液注入することが痛みを軽減するためには重要です。特に針が細いので無理に力を入れて液を押し出そうとすると太い針の時よりも勢い良く液が飛び出すので痛みが出てしまいます。

しかし、ゆっくり麻酔をするというのが実は難しい、、、。
その時の状況によって速度が変わってしまうからです。
例えば、忙しい時に麻酔した場合では頭でわかっていても普段より速く麻酔をしてしまうかもしれません。
精神状態や体調で速度が変わってしまうことがあります。
麻酔をする部位によってかなり力が必要な時もあります。(術者の手が震えるくらい力が必要なことも)この時も速度のコントロールは非常に難しくなります。
そこで昨年から電動麻酔器というものを導入いたしました。

11986590_909702065771987_1533241935080101672_n.jpg

速度のコントロールが容易で常に安定した速度での麻酔が可能になります。
かなり患者さんの評判はいいようです。導入して最初の患者さんから全く痛くないとの反応。
その後も痛くないというおっしゃっていただけることが多くなりました。
手で麻酔していた時より時間はかかりますが、その分麻酔の速度が遅くなるので痛みが軽減されます。
術者もスイッチを押すだけで力は必要なくなりますので楽になりました。
今では必須の治療機器です。
posted by miro at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月08日

家から山中湖往復

横浜から山中湖へは自転車で行けるんです。
大学の先輩に山中湖まで行こうと誘われまして先日、家から自転車で山中湖まで行ってきました。
先輩が小田原在住なので途中のヤビツ峠で待ち合わせ。宮ヶ瀬湖から裏ヤビツを登ってヤビツ峠だけでもメチャクチャ大変なのですが…。

11947626_906866036055590_386978502991694721_n.jpg
11933453_906866042722256_1225430590150899243_n.jpg

ヤビツ峠に登って先輩と合流し、時間がないのですぐさま登ったところを降りてまた宮ヶ瀬湖へ、。そこから道志みちを通り、延々と登って山伏峠から山中湖へと…。

11951295_906865982722262_8964457888277211707_n.jpg
10444743_906865979388929_482906056226925643_n.jpg
11947695_906865949388932_7061239332704384927_n.jpg

今回のライドの目的は山中湖で焼きソーセージを食べる事。だそうで、、、。別に山中湖に美味しいソーセージを販売している店があるからというわけではなく、コンビニでソーセージを購入し、湖畔で先輩の持ってきたアルコールストーブで焼いて食べるだけの企画。それだけの為になんで自転車で山中湖に(総距離190km獲得標高3000m)いかなきゃいけないのか全く意味不明なのですが、、、先輩がいう事には従わないといけないので、、、。

スクリーンショット 2015-09-04 15.18.10.png

かなりハードな自転車旅でありました。個人的には自転車で1日で190kmというのは最長記録。
でも、アイアンマンレースだとこのあとさらに42.195kmのフルマラソンですからアイアンマンやる人たちというのは化け物だと思った次第です(-。-;
posted by miro at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月02日

材料だけではいい治療はできない。

歯科治療というのは精密な作業を要求されます。材料だけではいい治療はできません。
むしろ治療結果は材料よりも技術に依存することが大きいと思います。
僕はトライアスロンをやっているのでロードバイクに乗っていますが、ロードバイクといえば高いもので100万円以上もします。しかし、ロードバイクの速さは機材に依存するのは値段の割にごくわずかでアマチュアレースでは10万円のロードバイクに乗ってる人が100万円超えるバイクをぶち抜いて好成績を残す方は沢山います。
走る人の能力が一番速さに影響します。速くなりたければ練習しろてことです。練習もしないで機材ばかり良くしても速くなりませんし、高い機材は作りが繊細ですから扱いも難しい。高い機材の性能を使いこなす為にはやはり練習するしかないのです。
ちゃんとした技術で作った保険の被せ物と、白くて最新の材料だけどいい加減な技術で作られた精度の悪い被せ物。はたしてどっちが長持ちするでしょう?????
そう言われたらちゃんと作った保険の被せ物の方が長持ちするというのはわかるかと思いますが、実際は患者さんにはわかりません。セットした時には白くて噛めれば被せ物の精度などは患者さんには全くわからないのです。
わかるのは2〜3年経って虫歯になって外れてきたり、不適なマージンが原因で歯周病になって歯がグラグラになってきた時。
腕のいい歯科医師を探すには、歯科医師が形成した歯の印象や模型を毎日見ている歯科技工士に聞くのがいいのかもしれません。

とは言っても補綴(被せ物)が上手い歯科医師が歯周病や歯内療法が上手いとは言えないのですが…(^_^;)
posted by miro at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記